沖縄土産|沖縄でしか作れない!?サンゴで焙煎した35コーヒー

沖縄で買う

沖縄でしか作ることのできないサンゴ焙煎という手法でローストされたコーヒー『35コーヒー』をご紹介!

35コーヒー

コーヒーカルチャーが根付いている沖縄県で産まれた、サンゴ焙煎という珍しい焙煎方法で造られたコーヒーを販売しているのが”35コーヒー”さん。沖縄なんで「サンゴコーヒー」と呼んでしまいそうですが「スリーファイブコーヒー」が正しい読み方なんです。
サンゴとつながりがないかというとそうではなく、
①風化した骨格サンゴを使ったサンゴ焙煎
②売り上げの一部(3.5%)をサンゴ再生活動に活用
とサンゴの活用・保護にも力を入れており、沖縄の海に優しいコーヒーショップです。

サンゴ焙煎って!?

サンゴ焙煎とは風化した骨格サンゴを200度以上に熱してじっくり時間をかけて焙煎する手法。
サンゴは風化しても沖縄県の漁業法で沖縄県外への持ち出しが禁止されているそうで、サンゴ焙煎でできたコーヒー豆はまさに沖縄オンリーのコーヒー豆なんです。
じっくりと焙煎されたコーヒー豆の味はまろやかで優しい味になるそう。

35コーヒー”テトラバッグ”

35コーヒーさんから販売されている”テトラバッグコーヒー”は見慣れたドリップバッグとは形状が異なります。
紅茶のような三角錐型のテトラ形状になっていて、ドリップするのではなくお湯に浸して浸漬させるタイプのドリップバッグになっています。

テトラバッグ

コーヒーをお湯に浸す時間を調整することで濃い目・薄目の調整ができるので、気分に合わせた味を作れるのは便利ですね。

アメリカンタイプのドリップ
短時間で薄目のコーヒー
濃い目のドリップ
長時間浸して濃い目のコーヒー

長時間浸しっぱなしにして濃い目に抽出してもえぐみもなく、やわらかい口当たりで飲みやすい印象でした。

ラインナップは3種類

テトラバッグコーヒーは「ISLAND SPECIAL」「J.F.K SPECIAL」「O.L.T SPECIAL」の3種類がラインナップされています。
柄もそれぞれ異なっていて沖縄ゆかりの柄もあったりと見た目もお洒落!

サンゴコーヒー

オフィシャルショップでの価格は5パック入りが540円、10パック入りが1080円と1パック当たり約108円となっています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
ISLAND SPECIALの特徴

ブラジル豆をベースに、コロンビア、インドネシアの豆をブレンドしたコーヒーで、酸味を抑え、ほろ苦さにまろやかな香りとコクが感じられるブレンド。

J.F.K SPECIALの特徴

コロンビア豆をベースに、ブラジル、インドネシアの豆をブレンドしたコーヒーで、適度な苦味と酸味があり、ほのかな甘い香りとコクが感じられるブレンド。

O.L.T SPECIALの特徴

ンドネシア豆をベースに、ブラジル、コロンビアの豆をブレンドしたコーヒーで、まろやかな苦味と香ばしさが感じられるブレンド。

まとめ

沖縄でしか作ることのできないサンゴ焙煎豆だったりデザインもお洒落なので、お土産用としてもかなりおススメの商品です。
味わいも優しく、サンゴ保全活動にも力を入れている沖縄の海にも優しいコーヒーでした!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント